このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

練馬大根の伝統的栽培法

ページ番号:860-325-727

更新日:2010年2月1日

練馬尻細大根の栽培

 「練馬尻細」は、沢庵漬用の大根として名声を博した大根である。昭和期の栽培法について「練馬の農業」(練馬青年農業振興会編著、昭和33年刊)に詳しいので、それをもとに述べる。

1.整地

・播種(はしゅ)前7日~10日ぐらいに、深さ60センチメートル以上丁寧に耕す。
・畦(あぜ)幅 63~66センチメートル、東西の方向に畦立てする。株間 45センチメートル内外。

2.播種(はしゅ)

・8月中旬(収穫まで100~120日かかる)。
・縄ズリをして条をつけ、この線上に足跡を踏み付ける(これが株間になる)。これを「足っこ」といった。
・足跡に元肥を施し、種子は爪先より少し離してまく。種は1か所5~6粒が適度。
・覆土(ふくど) 厚さ2センチメートル内外。大根種子は腰が弱いので、覆土してから鍬(くわ)の背などで圧すると発芽が悪い。
・種まきの時期は乾燥期なので、注水を必要とする場合が多い。

3.間引き・土盛り

・播種後22~23日、本葉6~7枚のとき間引く(1回めの間引きを本葉3枚で2本立とし、その後10日はどして1本立にする丁寧なやり方もある)。
・間引き後、土盛り(土寄せ)をする。株の周囲に高さ10センチメートル、周囲20センチメートル程度土を盛る。盛り寄せた土は両手で締める。但し強く締めすぎない。

4.追肥

・間引き前か、土盛り直後に第1回の追肥をする。
・1株おきに穴を堀って施す。
・第2回の追肥は、収穫の20~30日前に行う。

5.中耕

・土盛りと追肥が終わったら、その日、または翌日に1回めの中耕を行う。
・第1回中耕は、南から北に土寄せする「日陰切り」である。中耕の溝の深さは6センチメートルぐらい。
・2回めの中耕は、第1回中耕後10日ほどたってから行う。
・第2回中耕は1回めと反対に、北から南に土寄せする「日向切り」である。溝の深さは10センチメートルぐらい。大根の北側の背に、土盛りより少し高く盛り上げるようにする。
 この原理は、大根の北側の背に土を多く盛り上げ、また溝を深くすれば、太陽光線の射入が強く、従って根の太りを促進させるからである。

6.収穫・洗いと乾燥

・11月中旬より畑で抜き取り、葉と尻を切断する。
・抜き取った大根は、その日か翌日に洗う。
・洗った大根を連に編み、吊るして乾燥させる。乾燥日数は10日~20日。
 なお、洗いも乾燥も雨は厳禁である。絶対に雨に当てないよう、降雨時には作業を中止し、雨覆いを行うこと。
・干し上がった大根は、干大根として出荷、或いは沢庵漬に加工する。

お問い合わせ

都市農業担当部 都市農業課 農業振興係  組織詳細へ
電話:03-5984-1403(直通)  ファクス:03-3993-1451
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

練馬大根とは

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ